オーナー様だからわかる、経営の実態をご紹介

取材日:2019.07.25


ドミトリー1階部分にこだわりのランドリールームを
 
福岡中央リビング株式会社 岩下様



インスタ映えを意識した店作り

just innの中にコインランドリーを入れたのはどのような経緯からですか?
「ホテルを作るっていうのが決まってから、他にも何かこの場所で出来るサービスを組み合わせたいなと思って色んなものを考えました。
調べていくうちに、この地域にはランドリーがあまりないということで、コインランドリーをやってみることにしました。」
機械を選ぶ際にはダイワコーポレーション以外も検討されたそうです。
「このホテルのコンセプトは、”海外っぽさ”とか”おしゃれ感”を重視していました。インスタ映えすることも意識して店作りをしました。
その中で、日本製っていう感じじゃなく海外っぽいイメージに合ったダイワさんの機械が決め手になりました。」
モデル事務所の人が来て写真を撮らせて欲しいというリクエストもあったそうです。




コインランドリー+αが新しいお客さんとのコミュニケーションに

店作りでこだわったポイントをお聞きしました。
「こだわったのはコインランドリーの見せ方です。ここはカウンターとランドリーの機械がすぐにあるので、説明書きを全部とっちゃって、シンプルに。
店内全体見ても日本語がほとんどないようにして、海外イメージを出しているんです。それでもみんな使い方を聞いてきてくれるので困ったことはありません。」
設置してある小物も、オリジナルのグッズだけでなく市販品も組み合わせ、この店独特の空間を演出していました。

ここのコインランドリーのユーザーは、実はホテルの利用者よりも、近隣にお住いの方が多いそうです。
「出店前から思っていた通り、このエリアではコインランドリーが求められていたんだなーって思います。ランドリーを利用しながらカフェのドリンクを飲んでもらったり、コインランドリー+αで別のものをやって、お客さんが行き来するという当初の計画がうまくいっていると思っています。」




今後はホテルのユーザーに使ってもらう展開を

岩下支配人に、今後の計画について教えていただきました。
「今後も出店も考えていますが、計画としてはホテルの中で考えています。ホテルの人だけが使ってもらえる機械の設置もやっていこうかと思います。
このお店はおしゃれ感だったけど、落ち着く店内というのも作ってみたい。」
デザインの構想はすでに検討段階にあるようです。

「今後、単独のコインランドリーをやるくらいなら、このお店の機械をもっと増やしたいと思っています。」
出店計画ももちろん、just innの今後にも注目していきたいと思います。







 

【取材店舗】
ジャスティン 

福岡県福岡市中央区舞鶴1-8-28